「無縁」の意味

無縁。国語辞典を紐解くと、「縁者がいない」という意味とともに、「誰のためというような対象の区別がなく、すべて平等であるということ」という意味が記されています。仏教でいう「無縁」とは後者の意味となります。

無縁社会は現在の世相を表していると思います。これは前者の意味です。

昨日、ある方の納骨をしました。
身寄りに必ずしも恵まれなかったAさんがなくなり、そのご遺骨を親戚の方(Bさん)が引きとなれ、自分の家のお墓に納骨されたのです。Aさんは最晩年は施設に入られたそうです。Bさんは火葬し、遺骨を持ち帰られました。「家族に相談したところ、納骨することをみな賛成してくれました」

昨日、私が法名をつけ、仏壇の前でお勤めをし、Bさんと納骨しました。本当は家族をよんで納骨をと考えておられましたが、コロナウイルスの感染拡大が進むなか、私とBさんの二人での納骨でした。

「よかった。ほっとしました」とBさん。

「助け合い、支え合う関係が切れているというのならば、『無援社会』と言うべきではなかろうか」「関わりを断つのが『無縁』ではない。分け隔てなくつながっていく方向を示す言葉なのである」(一楽真『文藝春秋』2011年5月号)

私と縁のない人は、実はいないのだ。それを仏教では無縁というのだと、目の前で学んだ4月5日の出来事でした。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中