西法寺通信第9号作成中です

季節ごとに発行している通信も、次で9号となります。今週いっぱいでの完成を目指して昨日から作業スタート。1ページ目は、本堂瓦屋根の修復についてお知らせしようと考えていたのですが、梅雨時でもあり、作業開始日がまだ確定していません。別のことで考えないといけないかも!

とりあえず2〜3ページを作成中です。それにしても3ヶ月はあっという間ですねー。

仏壇をお預かりしました

使われなくなったお仏壇を預かることにしました。きょうはその引っ越しです。私の住む古民家の蔵を、仮の住まいにしていただくことに。御本尊もあります。

目立ったおおきな傷や汚れはありません。仏壇屋さんでみがいて貰えば新品のようになるでしょう。

サイズは、たて163㌢✖️横63㌢✖️ 奥行き60㌢です。

これから案内して、預かっていただける方がいらっしゃればお譲りしたいと思います。

初めての梅仕事

我が家の梅が少し実をつけたことがきっかけで、今年初めて梅の仕事にとりくんでいます。

梅ジュースは、住職に好評で、夏まで持たない気配。あわてて青い梅を買ってきて、第二クールの製作に着手しました。

もうひとつ、カリカリの小梅をつくっています。以前、農家さんの取材をしたときに、自家製の小梅をお土産にといただき、とてもおいしかったのです。
赤い紫蘇が市場に出たので、仕上げの作業をしました。

紫蘇の葉を塩で2度ほど揉んでアクを出し、小梅からあがった梅酢を加えました。紫蘇が赤くなるので、小梅とともに漬け込んで、赤く色づくのを待つばかり。

面白かったのは、なんといっても、青紫だった紫蘇の絞り汁が、酢にあわさると、赤紫に変化するところです。リトマス紙がpHによって、青や赤に変わる、あの実験を思い出しました。
また、祖母が紫蘇を揉む作業を傍らで見学したことがあったかも、と大昔の記憶も戻ってきました。

暗号みたいな

午後のお勤めの後、本堂で坊守のお経の練習の手伝いを少し。7月に中央仏教学院の通信課程のスクーリングで声明の実演があるのです。

せいめいと読むと思ったら違います。しょうみょうと読みます。仏典に節をつけて読むことです。

一般寺院ではほとんど読む機会のない発起序(ほっきじょ)ほか課題は9つもあるそうです。今日は6つ、いっしょに読みましたが、なかなか大変です。読み方を思い出せないものもありました。

写真の左ページは読むためのガイドなのですが、なんだか暗号みたいですよね。

古い椅子のこと

坊守です。

修理に出していた椅子が、戻ってきました。
もともと以前の家主さんが使っていたもの。庭をのぞむの縁に置いてあったレトロな二脚で、面白がって使っていましたが、じきに破れや不具合が出てしまったのでした。

一度、家具屋さんに見てもらって「土台にバネが入った古いつくりなので、なおせても高いですよ、新しい椅子に買い換えた方が…」という残念な回答でした。
インターネットで調べると、県外には、「職人の技術維持や習得のために、バネ式の椅子を修理させてほしい」と割引価格で引き受けている工房もみつかりましたが配送費用がすごい。やっぱり廃棄か、と八割方あきらめて最後と思って電話帳にあった修理屋さんに相談すると、
大丈夫、と、対応してくれたではないですか。「バネの椅子をなおせるのは、この辺では、うちくらいかな」と。

張り替える布も「在庫があった」と、感じの良い反物が出てきて、10日もかからず二脚とも再生しました。いままではあちこち向いていたバネも、本来の位置に戻って座り心地が良くなりました。

フワッキラッとした織地は、金華山ということや、中のクッションは座面と背面で硬さを変えて入れている(背面は柔らかいものを入れる)ことなど、少し椅子の知識ができました。頼りになる工房の大将が南無阿弥陀仏のご同朋であることも判明。

こんなふうに、前の家主さん時代から使われていたいくつかの家具とは、楽しくつきあっていきたいと思います。

6月も放哉を書く

県東部に発令されていたコロナ警報が解除され、ひと月ぶりの習字教室が網代公民館でありました。

あらしがすっかり青空にしてしまつた

淋しきままに熱さめて居り

この2句は情景が浮かびます。

しかし、

ねむの花の昼すぎの釣鐘重たし

この句はどういう意味なんでしょうか? ネムノキは夜に葉が閉じます。その姿を釣鐘に例えて重そうだなと放哉は詠んだ? それともねむの花ごしに重そうな釣鐘を見た?

久しぶりで気分転換にはなりました。放哉はなかなかつかみどころがなくて、それがまた面白いですね。

「ようきてごした」

届け物があって網代のご門徒さん宅へ。お会いするのは随分久しぶりです。一昨年の秋、西本願寺にいっしょにお参りして以来のこと。

「あきらくん、ようきてごした」。用件は早々に終わりましたが、小一時間ほどお話ししました。

子供時代の思い出話、漁師時代の体験談、亡くなられた奥さんのこと、離れて生活するお子さんたちのこと。

食事など身の回りのことは鳥取市内に住む娘さんがよくしてくれるそうです。

「男は奥さんが亡くなってから5年くらいで死ぬっていわれるけど、ワシは元気だが。だけどいっぺんも夢にでてこんだが。寂しいもんだで」

そんなことをつぶやいておられました。

「困りごとアンケート」をまとめたので…

坊守です。
今朝は、県庁に行ってきました。私は非坊守(ぼうもらず)で、平日は医療関係の職場にいますが、去年末から「困りごとアンケート」にとりくんでいました。
コロナの影響は、客商売はじめ、様々な方が受けています。「困ってる」「助けて」と言いづらい昨今の世情に、鳥取の県民性を加味すると、生活の見通しが立たない状態の人が独りで耐えていることがあってもおかしくありません。女性の自死が増えたというデータもこうしたことが要因かもしれません。
アンケートの最後に「相談がある方は連絡先を書いてください」と添えて返信用封筒もお配りしました。
すると、40人を超える方から「相談に乗って」という反応がありました。役場に相談に行ったのに、使えるはずの制度が案内されないまま、私たちとつながった方、ご飯を1日一食に抑えざるを得ず、痩せてしまった方も。

アンケートの回答からも、収入が減ったり支払いが滞ったりしている世帯がかなりあることが分かりました。

そういう情報を、自治体に共有することで、支援策の検討材料にしてほしいと要望しました。

鳥取県は、コロナ対策では全国で一番うまく対応した県だとする研究もあります。こんどは、県民の生活の応援もうまくやってほしいと思います。

短時間の意見交換でしたが、車の中に入れておいたレモンスカッシュがホットレモンになっていました。

住職の社会見学

本日は昨日に引き続き西法寺通信の取材に。網代港で底曳船(そこびきせん)の見学です。船に入ったのははじめてのことです。

沖合底曳漁業についてはこちらを

操縦室。電子機器が並んでいます。

網を巻き取るウィンチです。

ロープを巻き取るウィンチ。ロープの長さは約1900メートルにもなるそうです。

冷凍庫。-50度でとった魚を冷凍します。

こちらは保冷庫。

船員さんのベッドルーム。横幅70センチと決まっているそうです。

台所。IHコンロ

シャワースペース

現在は漁の休みの期間です。港では網の補修作業が行われていました。

インドネシアからの実習生の方が網を直していました。本来なら3年で本国に帰るところ、引き続き網代にとどまっています。コロナの影響です。「あなたのとってくれた魚を食べて私たちは生きているんです。ありがとう」とごあいさつ。

いい体験させていただきました。みなさん、夏からの漁もがんばってください。