出雲で慶讃法要がありました

出雲市民会館で、浄土真宗本願寺派山陰教区の親鸞聖人御誕生850年立教開宗800年慶讃法要がありました。山陰両県から600人近い僧侶・門徒が集まりました。会場の定員は1200名ですから、座席は一つおきに座る形でした。

来年3月から5月にかけて西本願寺で本番の法要があります。新たに経本「新制 御本典作法」がつくられ、今日はそれを使っての法要でした。はじめて目にする偈文もあり、行きの車のなかでCDをかけて練習してきましたが、難しいところもありました。

会場内は撮影はご遠慮をとのアナウンスがあり、残念ながら写真はありませんが、市民会館のステージには中央に大きな阿弥陀如来、左右に親鸞聖人と蓮如上人の軸がかけられ、それぞれの前に仏具が飾られていました。ステージを本堂の内陣に見立て、私たち参拝者は外陣に座っているという形です。ただ、お寺の本堂は、内陣がほんの少し高い位置にありますから、今日は逆ですね。

お勤めのあとは記念布教、そして、月亭方正さんの落語(大いに笑いました)、釋徹宗さんと月亭方正さんによる落語の中の浄土真宗をテーマにした対談と続きました。月亭方正さんは対談のなかで、「落語家になって感謝しかありません」「オレがオレがというのがなくなりました」と先輩方、そして落語に感謝を口にされていました。合掌する姿もていねいで真似しなきゃと思うほどです。

岩美町から出雲市まで往復6時間かかります。午後4時半終了。これから帰ります。ドライバーをつとめてくれたYさん、お世話になりました。

来年5月28日には西法寺の法要を予定しています。せっかくのごえんですから、皆さんにお参りしていただけるよう準備したいと思います。

軽トラを初運転

きょうは朝7時から今年最後となる岩井温泉区のいっせい清掃。私はゴミの回収当番で、はじめて軽トラを運転しました。前がないというのはずいぶん勝手が違うものです。ノロノロ運転をみかねたのか、途中で慣れている方がかわってくれました。

お寺に戻って午前は年回法要、午後は網代で逮夜参りです。終了後、網代から田後にまわって役員の方と小一時間、あれこれと話をしていたらもう夕方です。

明日は、午後1時から出雲で本願寺派の山陰教区の法要があります。ご門徒さんとともにお参りしてきます。法要はライブ配信されます。時間の都合つく方は、ぜひ画面上でお参りください。

https://saninkyoku.net

10月になりました

季節は秋ですが、残暑のような1日です。本来なら、僧侶の衣も夏から秋冬用にかえますが、きょうは夏服で通しました。

10月は企画、中旬と下旬の土日は四十九日のおつとめがつづきます。16日からの4日間は入院治療と気が重いことも控えています。

遅れていた西法寺通信はようやく入稿できました。4日には手もとに帰ってくる予定です。

きょうからさまざまな商品・サービスの値上げです。高齢者の医療費負担は、一定の収入のある方は2割負担に。一気に2倍です。

アントニオ猪木さんが亡くなられました。私が幼かった頃は、プロレスブームでした。初代タイガーマスク、絶大な人気がありました。高校時代、鳥取市内であったプロレス興行をみにいったことがあります。人間山脈・アンドレザジャイアントの巨体にびっくりしました。猪木さんもまだ40代の頃で、ガウンを脱ぐ姿がカッコよかったです。延髄斬やコブラツイストも生で見られました。合掌

ウクライナ救援募金を送りました

本堂の募金箱に寄せられたなかから1万円を寄付しました。引き続くご協力をお願いします。

今日にも、プーチン大統領は、ウクライナ東・南部4州の親露派支配地域を一方的に併合する「条約」に調印するそうです。

一方的併合にはなんらの法的根拠もありませんが、これを口実に、さらなる蛮行が心配されます。

戦争が長期化し、ロシアでは30万人に召集が下され、国外に脱出する人たちが増えています。

ウクライナを破壊し、戦況がおもわしくなくなると若い世代を平然と戦地に送るプーチン大統領に声をあげつづけていくしかありません。

戦争をやめよ。

動物係の日誌

西法寺・坊守または動物係です。

皆さんが面白がってくださる猫たちの近況を10日ぶりに報告します。

◎猫たちが今シーズン5匹目のムカデ退治をしました。
15センチほどある立派な個体でしたが、ター坊が鼻先でつつきまわしてもなぜ咬まれないのか?ということが謎です。

◎ター坊は、ケーキ好きであることが分かりました。坊守の誕生日に際して判明したもので、住職が買ってきたホンダさん(岩美駅前の洋菓子店)のケーキに突進。ほんのひとかけもらってご機嫌でした。もともとパンが好きなので、パンよりやわらかく、口どけのよいケーキの美味しさに衝撃を受けたに違いありません。

◎ナモとタリ(ター坊)にノミがたかりました。しきりにカラダをかくので、もしや…と大きな紙の上で2匹の毛皮をモシャモシャなでると、黒い小さな粒が落ちました。その粒に水をかけたら、赤茶色に滲みました。はいこれでノミ確定。生まれて初めてこの虫を見ました。
動物病院に駆け込んで、背中に垂らす駆除剤をもらったり、ノミ取りの櫛を使ったり、全部屋に燻煙剤を仕掛けたり、対策には実に手間がかかります。
外に出さない室内飼いでも、油断してはいけないことを学びました。

◎オンちゃんは、お爺さん猫らしく、ゆっくりゆっくりケージの中を移動しています。おいしいものを見つけた時だけ、動きが素早いです。笑

コスモス畑です

昨日、町内のスーパーで買い物していると、「ご住職さんですか?」とご門徒さんから話しかけられました。「娘が、先日の法事のさい、ご住職の話を熱心に聞いていました。『メモ用紙を持ってくればよかった』といってましたよ」とのこと。阿弥陀さんの話が届いたようで、ありがたいことです。

気をよくして(笑)、9月に入って作っていなった法事のお礼はがきを作りました。7、8夏は境内に咲いた蓮の花の写真を入れていましたが、すっかり秋ということで、西法寺農園(畑)に咲いたコスモスを入れてみました。

今年は種を植えていませんが、たくさんの花が咲いています。増える力がすごいです。来年は、さらに増えるかもしれません。

西法寺通信の原稿を直し、お寺の帳簿をつけたり、本堂の秋彼岸のお飾りを片付け、掃除機をかけたり、お寺の会費の集金にうかがったり、パズルの景品を届けに行ったりと、今日はおだやかな1日でした。来年の本山参拝ツアーも申し込みがあり、あと7人で定員いっぱいになります。

大きなお葬式

悲劇的な形で生涯を閉じた安倍元首相の国葬の日です。昼のワイドショーはこの話題で持ちきりです。ただ政治家としての歩みを手放しで評価するような形にはなっていないようです。「賛否が交錯」とナレーションを入れざるを得ません。経費の問題や、国葬に法的根拠が乏しいことなどもあげられています。統一教会との関わりがあきらかになるなか、日増しに反対の声が高まった反映なのでしょう。賛成3割・反対6割と大差です。案内状が届いた招待者のうち4割は欠席したそうです。

会場の日本武道館には巨大な式壇がつくられ花で飾られています。いま、庶民の葬式は小さくなりつつありますが、今日は大きなお葬式です。経費は実に16億6000億円にも。しかも確定額ではありません。

天皇、上皇は欠席。使いが入場する際はみな起立です。「君が代」がかかり、歌わずに静聴をとのアナウンス。そして黙祷。政府が作成した映像が流れ、これは当然ながら礼賛一色でした。岸田総理は、羅針盤だったとたたえました。

友人代表の菅前総理は、自らが説得して、再び総理総裁に決意をしてくれたと述べ、「歴史上、かけがえのない、真のリーダーでした」と。

官庁では半旗が掲げられ、そして黙祷です。自然な感情から広がったものではなく、敬意や弔意は半ば強制されています。

国会での議決もなく、国民的な合意もないまま今日の国葬です。しかも、一方的な評価をメディを通じて流すのですから。法と民主主義が泣いています。

役員会を開きました

昨日はお寺の役員会でした。3カ月に1回のペースで年4回、開催しています。
主な議題は、来年に予定されている親鸞聖人御誕生850年立教開宗800年の法要について。お寺からはツアーを組んで、来年3月31日に本願寺でひらかれる法要にお参りすることにしています。西法寺では、来年の5月に法要を予定しています。多くの方にお参りしていただけるよう、役員のみなさんの力も借りて準備を進めたいと思います。

秋から冬にかけて、お寺では節になる企画や法要が予定されています。

10月8日に「心のコンサート」(大須賀ひできさん出演)
11月18、19日に親鸞聖人のご命日をご縁とする報恩講
そして、12月18日には、「お寺の忘年会」

また、12月17日には、住職もボランティアとして参加している食料無料市が予定されています。

一つ一つ、よきご縁となるようにしていきたいと思います。

今年も渋皮煮

坊守です。

秋の恒例になりましたが、いただいた栗のことを思い出し、昨夜、闇に隠れて(隠れなくていい…)栗の渋皮煮を作りました。
異動してもう、3週間にもなるのに、毎日バタバタで、週末にやっとこうした作業に向かう気が出てきます。

栗は、粒は丸々としていますが、重曹を加えたお湯に入れると、真っ黒な液体からアクがモクモクと出て、まるで魔女がかきまぜる大鍋です。


3度重曹で茹でて、赤紫のお湯が無色になるまで、またお湯に通して…ようやくお砂糖を投入して煮る時には指先がふやけてシワシワになりました。
お酒を香りづけに加えて、完成です。

あと何度か作って、お裾分けしたいのですが、いまのところ、道の駅で栗に会えていないので、次の渋皮煮はいつになるでしょう。

お聖教は「異口同音」

今日は、2件の法事がありました。いずれの法事でも、いっしょにお聖教を読んでくださる方がいらっしゃいました。帰りがけに、「私、家で練習しているんですよ」という方も。道理で上手に読まれるわけです。

写真は、親鸞聖人が書かれた『正信念仏偈』の冒頭の部分です。
2行目に、「同音」とあります。ここから一緒に読みましょうということなのですが、実はこれ、「異口同音」なのです。

ある僧侶の方から教えていただきました。「異なる口が、同じ念仏を称えることを異口同音といいます」

言葉というのはなかなか面白いものだなあと感心して聞きました。

ときどき、僧侶の読む1行目から一緒に読まれる方がいらっしゃいます。指摘するのも申し訳ないので、あえていいませんが、できれば「異口同音」でお願いします。