中央仏教学院からの便り

2017年度に1年間、浄土真宗について学ばせていただいた中央仏教学院より学院報が届きました。コロナが学院に大きな影響を受けたことを北搭学院長が記しています。

前期はオンライン授業、寮を開くことができず、入学を辞退する方も。後期は対面授業に戻ったものの、三密を避けるために1クラスを2グループに分け、半数は教室、半数は別教室でリモートになっているそうです。

学友会会長さんの手記によると、学園祭、本山参拝、比叡山への研修、学内の愛好会活動もなく、京都府下で感染者が増加した11月にはふたたびオンライン講義に戻ってしまったそうです。

先生方も、生徒さんもさまざまな創意工夫をして苦労の多かった1年間の学院生活を乗り切ってこられたことと思います。

この学院には幅広い年齢層の人たちが集まってきます。海外から僧侶になることをめざしてこられる方もいらっしゃいます。お寺の後継者の方が多いですが、人生経験豊かな方が、いかに生きるのかの問いを抱えて真摯に学ぶ姿にふれることもできます。広告大手に勤めていた方が「虚業に疲れた」と学院に来られ、僧侶になられました。衝撃を受けたひとことでした。

情熱を持ち、博識なベテランの先生たち。若くて一生懸命に作法指導をしてくださる先生たちがいます。

学んだ1年間につけたノート、いただいた資料は私自身の糧であり、見直すこともしばしばあります。

ご門徒さんの子弟が自死され、その葬儀を勤められた先生が授業の際、その体験を涙ながらに語られたことをよく思い出します。

年下の先輩たちが何も分かっていなかった私に親切に接してくれ、お経が読めるようになりました。

ここでの1年間のあいだに、「あぁ、自分は他者によって生かされているのだ」という当たり前であり、しかし気づくことの難しい真実に気付かされました。学院の本堂には「学佛大悲心」との書が掲げられています。その意味を一生かけて問い続けていかなければかなりません。

2021年度も、それ以降も、仏教学院が発展されることを願っています。

気候がおかしい

昨日は岩美町の最高気温23℃でした。2月に長袖を捲り上げるというありさまです。今日は一転して最高気温7℃です。

「おかしいですなあ」。会う人会う人、口にします。

このまま温暖化を食い止められないと2100年には最大風速90メートルの台風が襲来したり、山陰でも夏の最高気温は42℃を超えると予想されています。関東以北でもバナナ・パイナップルが栽培できるほど気候は熱帯化します。稲作の中心は東北・北海道に移ります。熱帯性の感染症がまんえんします。

その頃には、お坊さんの袈裟も半袖・短パンスタイルになるのでしょうか???

ほんと、なんとかしなければ!と痛感します。

オラはネコだ

「きょうはネコの日だから、にいちゃんが出るのよ」と、シマシマのチビっ子がうるさいので、でてきたぞ。
オラは、ネコだ。

ことしの冬は、フサフサの毛皮が自慢のオラにもこたえる寒さになった。

 ナワバリには、ほかの雄ネコもいるので、暑い日も寒い日もパトロールが必要だ。胴体まで埋まるほどの雪がある時は、肉球を通して芯から冷えるし、吹き降りのみぞれの日に腹が空いていると、歩くのもおえりゃあせん。腹はいつも空いている。野良ネコ稼業は、ひよひよした家ネコたちにはつとまらん。

命がけで生きるオラの毎日に、楽しみができた。いつもパトロールしていた空き家に、ニンゲンが住みはじめて、ここでおまんまを食べてやることになったのだ。


ニンゲンなんて何をするか分からん生き物だけぇ、本当は近づいてはいけん。だが、ここの家のニンゲンたちには、チビネコがいつもくっついてるのでネコに悪さはできまいとオラの本能が許可を出したのである。

窓越しに「ニャア」鳴いてやると、まずチビネコが座敷から走ってくる。そいつがニャアニャア騒ぐと、ニンゲンも気づいて、おらの皿にカリカリを入れる。香ばしいカリカリは大好物だ。たいがい、おかしらつきの小魚ものっている。
変わり映えしないな、と思う頃に、なんとも言えんうまい缶詰の餌も出る。
寒さが厳しかった晩は、縁側にあがってチビネコの寝床に入ってみた。ニンゲンたちは見ていて追い出さなかった。チビネコのやつが小さすぎるので、極めてきゅうくつだったが、びっしょり濡れた背中やドロドロの後足が乾いてくれた。
そのあとで、外のオラの藁ベッドに、屋根がついていた。雪も降り込まないので朝飯前や晩飯後の居場所にしている。

それにしても、オラが行くとニンゲンたちは嬉しいようだ。何を考えているか分からない。
ニンゲンの雄は、このまえ、おらのアタマやカラダについた草の種を取ってくれた。雌は頬をマッサージする大胆な行動に出たので、ガブリとしてやろうと指を口に入れてみたが、カリカリの粉がついていたので、不覚にもぺろぺろ舐めてしまった。それ以来、ニンゲンにマッサージされると、どうッとカラダが横倒しになってしまう。

そんな風に縁先ではリラックスしているオラだけど、外でニンゲンをみたら、逃げることにしている。ただ、きのうは「ダブちゃん」と呼ばれたら、足が止まって、ニャーン!と高い声で返事してしまった。
オラ、どうしただか?


とりあえず、ニンゲンはうまく利用しながら、岩井のネコ社会の平和とオラの自由を守っていくのだ。


以上

一周忌のおつとめ

3日前に積もった雪も、この2日間の春のような天候で一気に溶けていきます。

今日は一周忌の法事が2件ありました。亡くなられてから丸一年のお勤めです。

お通夜と葬儀のあとにつとめる還骨法要の際に短い法話をします。話す内容は原稿にしていますので、一周忌の前にはそのときの内容を読み返してのぞみます。私は長くお寺にいませんでした。通夜・葬儀の際に初めてお会いするご門徒さんもいらっしゃいます。臨終勤行にうかがって、その際お聞きした思い出を原稿に落とし込むようにしています。読みかえすと1年前の記憶が蘇ってきます。

メモを見直さなくても覚えていることもあります。「母は大八車をおして魚の行商をしていました。自分が教育を受けられなかった分、教育熱心な母でした」。長男さんからうかがったお話です。

なぜ覚えているのか。それは何度もそのことを思い出すからだそうです。

そうなのです。地域を歩いたり、折々の法要であったり、お見かけすると、その時うかがった話を思い出すのです。

忘れてもいいことはあります。しかし、忘れてはいけないことを受け継いで人は生きていくのではないか。

きょうの一周忌でそんなことを考えさせられました。

この冬、苦労したことランキング

坊守です。

またまた雪は積もりましたが、急上昇した気温がどんどんとかしてくれています。こちらに引っ越してから3年目で、ようやく岩美らしい冬を体験しました。皆さんもお疲れ様でした。
「もう降り終わりや」と、さっき近所のおじさんが断言したので、すっかり冬を見送る気持ちになっています。笑
そこで…!突然ですがこの冬、苦労したことランキング!!!をお送りしましょう

3位:雪かき
かいても降り積むと分かっていながら、プラスチックのショベルで集めた雪をひたすら溝に落とす作業をするなんて初めてでした。馬力に自信はありますが、腰痛を起こし1日仕事を休みました。HONDAの除雪機が導入され、重労働から解放されました。除雪機のことをあこがれを込めて「赤い彗星」
と呼んでいます。

2位:雪道運転
東京の自動車教習所では雪道運転はビデオ学習でした(!)
周りからは色んな雪の恐怖体験をきかされたせいか、雪にちょっとハンドルを取られるだけで冷や汗が出ました。往復1時間の通勤なので家族にも心配かけました。夜に雪がたくさん降るとなにもかも見えなくなって怖いことも知りました。タイヤのパンク、バッテリー上がりも体験。おかげでかなり慣れました。

1位:野良猫の寒さ対策
このところ何度も登場している野良猫ダブさん。みっしり毛が生えて体格もいいのですが、安全な居場所があるか、本人は語りません。吹き降りの雪や、最高気温がマイナスという時にも背中や足を濡らしてご飯を貰いにやってきました。凍えて倒れないよう、藁を敷いたダンボール箱を置いたり、室内に避難させる夜があったり、色々心配しました。
それが少し本人に伝わったか、縁側に遊びに来るようになって2カ月、きょうはっきり甘えてくれました。
うっふっふ

わけあってもへらないよ

田舎暮らしのいいところは、分かち合ったり、助け合うことが生きていることにあると思います。

世界も日本も、この精神が発揮されればなぁ、と思わされるニュースばかりです。


世界のワクチン接種の75%をわずか10カ国が独占し、130カ国は1回分すら入手できていないー国連事務総長はそう現状を報告し、ワクチン平等に向けた世界計画の策定が必要とのべました。


国際NGOオックスファムによると、世界人口13%の先進国がワクチンの51%を独占しているそうです。


株価が3万円をこえ、日本のビリオネア(10億ドル以上の金融資産を保有)の資産が11カ月のあいだに、12兆円から24兆円と2倍に。

一方でこんなニュースも。

南米アルゼンチンで1月に富裕層への課税を強化する法律が成立しました。対象となるのは1万2000人。その税収約3600億円をコロナ対策にあてるそうです。

ブッダなら、なんていうでしょうか。

「楽しいことは、みんなでわけあってもへらないよ」(『ブッダがせんせい 心を育てるこども仏教塾』より)

またも大雪に

本堂の前には約30㎝の積雪です。

昨日の夜から朝にかけてこれだけ積もりました。

日中も夕方まで雪予報です。

朝から除雪作業に追われています。今シーズン最後の雪だといいのですが。

ダブは室外機の上に置いたネコハウスの中で寒さをしのいでいます。坊守が電気式のカーペットを敷きました。

梅の花咲く雪景色

昨日から雪が降ったり止んだりです。これまでの雪と違うのは、梅が咲きはじめた中での雪景色ということです。


雪と梅が同時に見られるのは、実にいいですね。雪の白に梅の花が映えます。


この景色を詠んだ漢詩があることを知りました。


有梅無雪不精神 有雪無詩俗了人

薄暮詩成天又雪 與梅併作十分春

梅ありて雪なければ精神ならず

雪有り詩無ければ 人を俗了す

薄暮詩成って 天又雪ふる

梅と併せ作す 十分の春

今日から確定申告

昨年も書いたように思います。お寺はお布施への税はかかりません。固定資産税も必要ありません。しかし、僧侶の収入には当然ながら税がかかります。

その額がいくらになるのかをあきらかにする確定申告がきょうからはじまりました。私の場合はパソコン上で書類を作り、それを打ち出して郵送しています。計算はパソコン上で済みますから、楽と言えば楽です。

会社なら厚生年金、社会保険(被用者保険)がありますが、一部の大きなお寺以外、僧侶は個人事業主のようなものです。年金は国民年金で2階部分はなし。国保は勤め先のとの折半がありません。全額自己負担です。不安定かつ、自費負担分がかなり多いのが実情です。

経費もなかなかのものです。本山に納める賦課金(コンビニのロイヤリティーみたいなもの)、本堂の保険(掛け捨て)、お花や仏具など日常経費もけっこうかかります。

昨年びっくりしたのは国民健康保険料の高さでした。国は制度を支える気があるのかとふだんあまり頭にくることのない私ですら腹が立ちましたから。

今年もさらに値上げをする自治体が多いそうです。岩美町がそれに当てはまるのかどうか確認はしていませんが、皆保険を支える財政をもっと手厚くと願わずにはいられません。

などなど、愚痴めいたことも記しつつ、今から申告の準備をします。

堂内に響く『阿弥陀経』

昨日、因幡組に所属するお寺の本堂でお通夜がありました。お寺に関係される方のお通夜にお参りするのはまだ2回目です。そうそうあることではありません。

コロナ禍のなか、本堂に収容できる人数の半分ほどのお参りに制限されていました。それでも僧侶は十人近くはいたのではないでしょうか。僧侶とご門徒のみなさんが声をそろえて『阿弥陀経』を読むと堂内に響きわたりました。私もつられるように大きな声を出していました。

ご往生された方と、もういっしょに読経することはできないけれど、その懐かしい声は、このお堂の中にきっと残っていくに違いないと思いました。

合掌