ヒヨドリがやってきました

ちょっとわかりづらいですが、

庭の雪の上に、半分に切ったみかんを枝にさしたところヒヨドリがやってきました。器用にとまるものです。

ナモはじーっと眺めていましたが、ニャッ、ニャッと鳴いたので飛び去っていきました。

お経には鳥が登場します。『阿弥陀経』に登場する共命鳥は、体が一つで首がふたつあります。もちろん伝説上の鳥ですが、あるとき片方の首がもう一方に噛み付いて両方が死んでしまいます。この話は、あなたがいるからこそ私がある、という教えです。

いのちは持ちつ持たれつです。たいしたおかまいはできませんが、どうぞみかんを食べに来てください。

レディー・ガガさんが見上げた先

バイデン大統領の就任式でレディー・ガガさんがアメリカ国歌を歌うシーンをニュースで見ました。バイデンさんを支持していたから呼ばれたのかな、といった見方をしていたのですが、ちょっといい話にふれました。

朝、NHK BS1の「キャッチ!世界のトップニュース」をみていると、@nyc (番組内のコーナー)でニューヨークのマイケルさんが、アメリカ国歌について少し紹介していました。歌詞には、米英戦争の激しい戦闘のなか、それでも砦に星条旗が翻っていたというシーンが描かれているそうです。ガガさんが、その歌詞の部分を歌った際、星条旗を見上げていたとマイケルさんは解説していました。ガガさんはどんな思いで星条旗を見上げだのでしょうか。その姿に触れて、マイケルさんには、アメリカの方達にはこみ上げるものがあったのだろうなと思いました。(ただし、米英戦争については、アメリカの領土拡張が背景にあった戦争です。結果としてインディアンの土地も奪われました)

トランプ前政権が作り出した憎悪と分断は、実は誰の心にも忍び寄るものだと思います。ここから再生できるのかどうかは、アメリカはもちろん、世界にも大きな影響を与えるに違いありません。決して他人事ではありません。

日本にいる私にできることは、親鸞聖人がおっしゃっていることをいまに生かすことであるなと改めて思っています。

貪りや怒りや愚かさを抱えて生きていることを自覚すること。

そうした自らの悪の部分に向き合って、阿弥陀仏がその私を目掛けて救い取ろうと働き続けてくださっていることをうけとめ、真似事であったとしても、仏のこころを我がこころとして生きていくこと。

そしてまわりの人たちとつながって「われら」として歩んでいくこと。

見えないところに注意を

今日も庫裏の裏の雪をかきました。
朝から好天です。冬とは思えない陽気です。

小一時間ほど作業をして、裏までいくことのできる道ができました。

屋根の雪が水となり、割れ目を作っています
割れ目をたよりに雪をかきました


数日続いた雪との格闘も、ひとまず終了です。

目に見えるところだけ雪かきをして満足していただけですが、今回、見えないところではどんどん溜まってしまう事実に気がつかされました。自分の視野に入らないところというのは、本当に気にならないものです。そして、いざ、目に入ってくると唖然とさせられるのです。

軒下が雪で埋まってしまうような状況をそのままにして、さらに積雪があると、ガラスなどが割れてしまう危険性もあります。裏山の竹や小さな木が雪によってなぎ倒されています。雪の力はすごいものです。

当面、雪予報はありませんが、次の積雪の際には、見えないところにも注目して、あとで慌てないようにしたいと思います。

氷多きに、雪多き

庫裏の裏の雪かきに午後から取り掛かりました。

先日は室外機を救出しましたが、もう一つ、埋もれたままの室外機までの雪をかきました。

ビフォー
アフター

約2時間かかりました。大仕事でした。

屋根から落ちた雪は固まっていて、まるで氷のようでした。

雪かきをしながら、「氷多きに、雪多きだ」と文句をいうのでした。

「罪障功徳の体となる こおりとみずのごとくにて こおりおおきにみずおおし さわりおおきに徳おおし」(親鸞聖人の和讃)

「氷多きに、雪多き」とは作り替えです。

いやいや、軽口のように言ってはいけないですね。

罪や障害があるからこそ、それが転じた時、功徳も多いのだと言っています。

なんかすごいことを言っていると思いませんか。

自分自身の日々の言動、生活で考えてみるとどんなことが当てはまるでしょうか。

煩悩から人間は逃れられないということを自覚して、それでも、他者のことを思い、様々な課題に向き合っていくことの大切さを、この和讃から学ばされています。

相談活動から見えてきたこと

坊守です

コロナの影響で、従来のような出張やイベントは減っていますが、昨年末から忙しくなってきました。
職場で生活相談を始めたからです。きっかけは、コロナの影響を受け、あっという間に生活が立ちゆかなくなった患者さんが、何人も出てこられたこと。
「病院とつながっているかたは、全体からみてもほんのひと握りだし、なんとかしたいね」となったワケです。
困っていても「困った」と言いにくい空気もありますから、どうしたら言いやすいだろう?と方法に頭をひねり…結局「相談のある方はどうぞ」という控えめな案内をアンケートに添えて地域に配ることにしました。

その反応が年明けからポツポツ入ってきたのです。生活保護課に行ったり、労働組合に相談したり、普段とは違う体験をしています。
コロナの影響で仕事を失った人からの相談も入りますが、コロナ前から困っておられた方がかなりいます。40代で「生きていきたくない」と書かれてきた方もいました。

あらためて、働く人の立場の弱さや、年金が老後の生活保障には足りない問題、使える制度の情報が必要な人に届いていないことなど、社会が抱える課題を痛感するこのごろです。貧困層はコロナにかかりやすいというデータがいくつもありますが、ウイルスに罹患するより前に、生活できずに倒れる確率の方が高そうやんか、と思います。

生老病死は人間の誰もが直面する苦しみだそうですが、同じ時代をたまたまご一緒している者同士、苦しいことに共感し、何かできることがあれば…と思います。

後回しのツケ

最近、住職部屋のエアコンが作動せず、困っていました。

原因ははっきりしています。

室外機が雪に埋もれているのです。数日前までは完全に雪の中でした。一度、雪をかき、このところの雨で少しばかり溶け、ようやく形が見えるようになったのです。

今日こそなんとかしなければと、約1時間、雪と格闘しました。屋根から落ちて固まった雪ですから、なかなか手間です。

ようやくここまで到達しました。

屋根から落ちた雪の高さは最高で180センチほどにも。

この分だと、春まで雪が残るかもしれません。

そして、エアコンは復旧しました!

8割おじさんの著書を読む

クラスター対策班で活躍された西浦博さんの著書『新型コロナからいのちを守れ!』を読みました。流行の初期から第一波を乗り越えるまでの記録の書です。

数理モデルをもとに、我々の行動がどのようになれば流行のピークを抑えられるのか、そんなことを日本人が考えたのは初めてのことでした。

科学者としての苦闘と努力、政治家や官僚とのやりとり、数理データから導かれる私たちの行動変容の必要性をどう伝えるのか、など、ご本人の胸の内を知ることができます。

感銘を受けたのは、「人間として誠実であることを忘れず」行動するように心がけていた、という西浦さんの人柄です。また西浦さんが語る尾身茂さんの姿にも胸を打たれました。「利他の精神が勝っているというのが、この人の生き様なのだろうと僕は思っています」

お釈迦さまにこういう言葉があります。

「他人の過失をみるなかれ。他人のしたことと、しなかったことを見るな。ただ、自分のしたことと、しなかったことだけを見よ」

自らのやるべき仕事を深く自覚し、パンデミックに果敢に挑んだ研究者の記録の書です。深く学ばされました。

初七日のおつとめ

岩井は冷たい雨降りです。

午後、初七日のおつとめがあり、『正信偈』をご家族と読みました。

自宅での法要ではご家族から質問をいただくことがあります。

「四十九日までろうそくをたやさないようにしないといけませんか」とのお尋ねです。

「浄土真宗には、いつもろうそくに火がついていないと死者が迷うなどという考え方はないので、消されたらいいですよ。火をずっとつけていると不安ですし」とお答えしました。「それを聞いてホッとしました」とのご返事でした。

他にも、お仏壇にあえてコップなど水をおかなくてもいいのはなぜか、過去帳の使い方など、おたずねいただいたことにお答えしました。

四十九日含めてあと3回、おつとめが予定されています。故人を偲びつつ、故人が用意してくださったこの時間を大切にしたいと思います。

罰則ありきでいいのでしょうか

日本医学会連合の緊急声明

政府・自民・公明が進めようとしている罰則を設ける感染症改定は、恐怖や不安、新たな差別を生み出すことにつながるのではと心配です。

感染拡大がおさまらない中、持続化給付金は今日で終了です。(1ヶ月、伸びたそうです)

入院先が確保できず、自宅で亡くなる方がでています。

病院の経営がたいへんになっています。

次やるべきは罰則ですか?

自己の責任をはたさない人たちが、いま、国民に責任を転嫁しようとしているのではないでしょうか。

ことばで伝えること

お釈迦様は35歳で成道されたと伝えられます。成道とはさとりを開いて仏となることです。


さとりとは、つながりの中で生かされている自分に気がつくこと、であると私は理解しています。「なーんだ、そんな簡単なこと」かもしれませんが、それがなかなかできません。お釈迦様はさとりをひらいたあと、そのまま入滅しようとされました。そのまま死のうとされたということです。なぜならば、「言っても伝わらない」からです。それを思いとどまり、説法を始められたのでした。


ことばで伝えることはむずかしい。けれどもそれしかないのです。


コロナ禍において、総理の語る中身が国民に伝わっているとは言い難い状況です。「答弁は差し控える」「あなたに答える必要はありません」一番議論を尽くさなければならない場で、議論を拒否してきたことと決して無関係とは思えません。


緊急事態宣言をどう実効あるものにするか。新聞を読んでいたら、「利他心」が必要だと指摘する専門家のコメントを目にしました。「『他人にうつさないため』という思いやりの心をどう訴えるかが大切」


お釈迦様なら、いまの菅さんにどんな説法をされるのでしょうか。