雪かきも2日目です

今日の朝も地面は雪に覆われていました。10センチ超は新たに積もったと思います。

雪かきをする前に、近所を少し歩いて、お寺を眺めました。こういうのを雪景というのでしょうね。見ている分にはキレイなものです。

小一時間ほど除雪機を動かし、お寺の駐車場と納骨堂に向かう境内の雪をかきました。境内の方は昨日かいていないので、30センチほど積もっていました。

昼間、気温は低いものの太陽も顔を出し、いくらか雪も溶けて水に変わっていきます。
「雪が溶けて川になって流れて行きます」という歌には、まだ早いですね。溶けた水はまた氷にかわるかもしれません。

親鸞聖人にもこんな詩(和讃)があります。

「罪障功徳の体となる こおりとみずのごとくにて
 こおりおおきにみずおおし さわりおおきに徳おおし」

こおりがみずにかわっていくのは、0度より高い温度の空気や水にふれるからでしょう。

罪や障(さわり)といった私たちの煩悩が、徳に変わるというのは、自然にそうなるのではありません。仏さまの働きによって、煩悩が、そのままさとりに転じるということです。そのことを親鸞聖人はもったいなく思われたのでしょう。

そんなことを考えてみますと、「仏さまを泣かすようなことはすまい」という心のストッパーが働くのではないでしょうか。

以前にも書いたことがありますが、現代においては、人間の経済活動によって氷を溶かし、海面上昇を招いています。これでは、〝こおりおおきにみずおおし さわりおおきに罪おおし〟です。煩悩との付き合い方を変えないと、取り返しのない事態になりかねません。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。