共命の鳥のこと

今日の法事には小学生が複数。久しぶりに、「共命の鳥」のことにふれました。

阿弥陀経に出てくるこの鳥は、頭は2つ体は1つの鳥です。

仲が悪く、ある時一方の鳥が相手の首を食いちぎってしまいます。

しかし、体は1つですから、結局、死んでしまうのです。

相手を傷つけることは、自分を傷つけることなのです。

いのちはお互い様、つながりの中にあるのです。

小学生が、「あった!」と発見してくれた本堂の共命の鳥です。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。