氷多きに、雪多き

庫裏の裏の雪かきに午後から取り掛かりました。

先日は室外機を救出しましたが、もう一つ、埋もれたままの室外機までの雪をかきました。

ビフォー
アフター

約2時間かかりました。大仕事でした。

屋根から落ちた雪は固まっていて、まるで氷のようでした。

雪かきをしながら、「氷多きに、雪多きだ」と文句をいうのでした。

「罪障功徳の体となる こおりとみずのごとくにて こおりおおきにみずおおし さわりおおきに徳おおし」(親鸞聖人の和讃)

「氷多きに、雪多き」とは作り替えです。

いやいや、軽口のように言ってはいけないですね。

罪や障害があるからこそ、それが転じた時、功徳も多いのだと言っています。

なんかすごいことを言っていると思いませんか。

自分自身の日々の言動、生活で考えてみるとどんなことが当てはまるでしょうか。

煩悩から人間は逃れられないということを自覚して、それでも、他者のことを思い、様々な課題に向き合っていくことの大切さを、この和讃から学ばされています。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中