桃太郎は盗人なのか?

鬼は退治されて当たり前じゃなく、鬼の立場にたって考えてみると、桃太郎は盗人で、鬼の宝物を奪い取る悪者ではないか。

2018年度「図書館を使った調べるコンクール」文科大臣賞を受賞した小学5年生・倉持よつばさん。

その発表をまとめたのがこの本です。

彼女の探究心、好奇心に脱帽です。桃太郎に関する二百冊!もの本を読み比べ、彼女は「鬼は何者なのか」に迫っていきます。

鬼の描き方は時代によってちがう。

鬼は一方的に悪だと思われている。目に見えないもの、病気、反逆者など、人間にとって悪いことやこわいことを全部鬼のせいにしてきた。

としたうえで、「鬼は何者なのか」の答えを出します。それは本を読んで確認して下さい。本当に感心しました。

「わからないことがあったら図書館へ行こう!」

スマホで調べて、〝わかったつもり〟になっている私たちに反省を迫るようなよつばさんのひとことも、なかなかです。

読書の秋、ぜひ一読を。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

“桃太郎は盗人なのか?” への 1 件のフィードバック

  1. 南無阿弥陀仏をとなふれば 四天大王もろともに よるひるつねにまもりつつ よろづの悪鬼をちかづけず

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中