筆ペンをお供に

一昨日から、本堂に掲示する年回法要の札紙を筆ペンで書いています。来年用です。字は相変わらずうまくないので、せめて丁寧さを心がけていますが、なかなかです。

それにしても。

名前というのは年代によって特徴があるものだということがよくわかります。ずいぶん以前に御往生された方のお名前には、蔵、義、岩、寿、忠、強、重といった漢字を見つけることができます。若い人たちの名前ではあまり見かけない漢字ではないでしょうか。でも、歳を重ねるとしっくりくる名前のようにも思います。

ちなみに、2021年に生まれた男の子の名前、いちばんよく使われたのは蓮(れん)、女の子は紬(つむぎ)ということです。

蓮はいつも上位になっていますが、音の響きがいいんでしょうか? 法名にも多く使われる漢字ですが、なかなか書くのが難しい字なんですよね。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。