「あう」ということ

今日は百箇日のお勤めがありました。百箇日は卒哭ともいいます。哭は、口が2つ横に並び、下に犬と書きます。泣くことを意味します。泣くことを終わりにしようという意味が卒哭にはあります。

こんなことをお話ししました。

昨年ご往生された方から以前うかがったことがあります。「夫の百箇日が済んだ頃から、悲しいという気持ちとともに、であえてよかったな、楽しいことも多かったなと思えるようになりました」

「あう」ということば、どんな漢字が思い浮かびますか。

会う 逢う 遭う そして遇う。

会うは、予定していたものが顔を合わせること。逢うは、親しい人に会うこと。遭うは、ひどい目にあうこと。遇うは、期せずして会うこと。

私は、この方が遇うという意味でおっしゃったのではないかと思っています。会うには別れがあります。しかし、遇うは別れではないのだなと教えられたのです。

今日は百箇日です。この世での出遇いに感謝するとともに、いまは阿弥陀さんとともにいらっしゃる亡き方との出遇いに感謝し、手を合わせるひとときとしましょう。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。