お墓をしまい、納骨堂へ

昨日は、新たに西法寺の納骨堂に遺骨を納められたご家族がお参りでした。お墓をしまわれて納骨堂に遺骨を納め直されたのです。本堂での法事、そして納骨堂前でのお勤めが終わり、ご家族の方から「お墓のことで悩んで夢にまで出てくることもありましたが、これでホッとしました」と。少しでもお役に立てたのならば幸いです。

『いまどきの納骨堂』(井上理津子)という本で紹介されていましたが、厚生労働省の衛生行政報告によると、2016年度の改葬数は9万7317件、前年度より約5700件、前々年度より約1万4000件増えているそうです。改葬というのは、所定の手続きを踏んで、現在とは異なるお墓に遺骨を移すことを言います。

今、新しくお墓を持つ方のうち、墓石のお墓を選ばれる方が約半数、あと半数の方は、納骨堂や樹木葬など、墓石タイプではないお墓を選ばれるそうです。

西法寺の納骨堂は平成21年に作られました。塔の内部に木製の棚があり、骨壷を安置するようになっています。境内には桜、藤、ツツジ、蓮、モクレン、椿など四季折々に花が咲きます。年間5回、ご遺族にもお知らせして、納骨堂前での法要も行なっています。

これまで案内チラシのようなものはなく、相談に応じてという形で運用してきましたが、ご門徒のみなさんの間から、お墓の維持への悩み、不安がよく聞かれます。5月には案内・申込用紙の作成ら運営の決まりごとなど整備する予定です。この間、相談をいただいている方がたにお知らせし、納骨堂の周知をはかっていきたいと思います。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

“お墓をしまい、納骨堂へ” への 3 件のフィードバック

  1. 初めてのメールです。ホームページの開き方を習って今ページを読んだところです。たいへん良く出来ています。最高です、これからも長く続けてください。宜しくお願いします。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中