桜が一気に満開に

3日前に桜の開花が近づいてきたとブログで書きましたが、本日、満開となりました。この2日間、あたたかったこともあって一気にです。

ただし今日は雨模様です。法事でお話しすることの準備もあって、読書したり、久しぶりに習字の練習をしたりしながら過ごしています。雨季にこもって修行したり学んだりすることを仏教では安居(あんご)といいます。雨季ではありませんが、1日安居といったところです。

中村元さん訳の『ブッダ 真理のことば 感興のことば』を読んでいると、ブッダが「花にちなんで」と教えを述べているくだりがありました。

「うるわしく、あでやかに咲く花で、しかも香りのあるものがあるように、善く説かれたことばも、それを実行する人には、実りがある」

「花の香りは風に逆らっては進んで行かない。栴檀(せんだん)もタガラ(香のこと)の花もジャスミンもみなそうである。しかし徳のある人々の香りは、風に逆らっても進んで行く。徳のある人はすべての方向に薫る」

実にわかりやすいたとえだなあと感心するばかり。

ブッダは、対機説法といって、相手に寄り添って、相手にわかる言葉を使って教えを説かれています。この話をされた時も、花のそばだったのかもしれませんね。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中