何をしでかすかわからない

関西電力の経営幹部が、2011年以降の7年間に渡り3億2千万円の金品を受け取っていたことが報じられています。

元は利用者が負担する電気料金。それが原発関連工事に使われ、建設会社から手数料として福井県高浜町の元助役に3億円が支払われ、元助役が3.2億円を経営幹部に渡したのではないか、という疑いがもたれているようです。

こういう事件を目にするにつけ、「歎異抄」を思い起こします。

この身がある限り、状況によっては何をしでかすかわからない。それがわれわれのありようなのだ。

親鸞聖人は、唯円にそう語るのです。

莫大な原発マネーも、もとは自分たちのお金でなく電気料金です。それを動かせる立場にあるのが経営幹部であり、推進に躍起になっている方達が巨額のマネーにほんろうされて、まともな感覚を失ってしまうのではないでしょうか。

いわば、悪縁のなかでこのような事態が起こっているのでしょう。

電気は危険でコストの高い原発頼みにせずとも生み出せるのです。原発推進をやめることが、このような悪縁を断つ道であると、私は思います。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中