報恩講前夜

坊守です。
明日明後日と、2022年の報恩講をおつとめすることになっています。
ふだんは「不坊守」(ぼうもらず)を堂々と標榜しているわたしも、さすがに昼から仕事を休み、住職の準備に合流しました。といっても、お花をたてたり、お菓子の算段をしたりと、楽しいことばかりの担当です。笑

こちらにきて5年目にもなりましたので、作業効率は良くなりました。
お花選びも、去年から同僚の家族が営む花屋さんにWEBでお願いし、平日の日中に時間がなくてもゆっくり相談して、確保できるようになりました。

明日の本堂での報恩講のお花と、19日の網代の道場のお花も含めて2時間ほどで完成〜。
本堂裏の床掃除にやってきた住職が、
「ほう!!」とひと声、
「鳥が飛んでるように見えるなあ!」と、極楽鳥花をみあげて感想を述べたので、わたしはクスクス。
住職は去年も、極楽鳥花を入れた仏華をみて、同じセリフで感心していたのです。
また1年経ちました。早いものです。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。