荒野に希望の灯をともす

2019年、アフガニスタンで銃弾に倒れた中村哲さん。
このほど、現地での21年間の活動がドキュメンタリー映画となり、各地で上映が始まっています。

タイトルは
「荒野に希望の灯をともす」

http://kouya.ndn-news.co.jp


戦火のアフガンで、病に向き合い、井戸を掘り、用水路をとおし、大地を蘇らせ、今65万人の命が支えられています。

私は、中村さんの非業の死をきっかけにその活動を知ることになり、ペシャワール会の会員にもなりました。数ヶ月に一度送られてくる会報を読むたび、心洗われる思いがします。著書も数冊購入しました。

中村さんが座右の銘にしていた「一遇を照らす」
天台宗の開祖、最澄の言葉です。

残念ながら鳥取での上映は当面なさそうです。
一番近いのは、関西圏のよう。私も、機会を見つけて必ず鑑賞したいと思います。

みなさん、機会がありましたら、是非是非ご覧になってください。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

“荒野に希望の灯をともす” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。