お盆の風景

午前中、初盆のおつとめで網代へ。「お盆の期間中、朝夕とお墓にお参りする風習があるんですよ」とあるご門徒さんから教えていただきました。「母もそうしていました。お墓はいちばん高いところにあるから、行くのも大変なんですけど」。

私も墓地に行き、あるお墓の前で手を合わせました。3年前に大阪で亡くなられた方のご遺骨がおさめられたお墓です。葬儀によんでいただいて、火葬場で親族の方と一緒に収骨しました。その方は亡くなられる数カ月前に、病身をおして網代を訪れたそうです。実家のお墓に行かれ、自身に何かあったときは葬儀をしてほしいと後日、親族に希望を託され、亡くなられました。親族の方は快く引き受けられ、葬儀をつとめ、後日、網代のお墓に納骨されました。

きょう墓前で、「あなたとお会いすることはなかったけれど、さまざまなことを学ばせていただきました。ありがとうございました」と手を合わせました。

お墓参りをされている方達の姿があちこちにありました。いつまでも続いてほしいお盆の風景です。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。