期待はずれでした

何のことかというと、電気料金が安くなるどころか高くなったからです。この冬、大手の電力会社から地域の電力会社に契約を変更しました。幾分か安くなるのではないかと思っていたのですが、そうはなりませんでした。

電力使用量が増えたわけではありませんでした。3月の消費者物価指数上昇率(前年比)は電気代21.6%。お寺の電気代も去年より2割ほどあがっていましたので、物価高が主な要因なのでしょう。

経済活動の再開による需要の増加、ロシアによるウクライナ侵略による小麦や原油高、そして円安となどにより物価が急騰しています。

燃料油価格の激変緩和措置が実施されない場合、今年の家計の支出増は平均で7万3千円にも。政府の物価対策で緩和されるのは1万3千円と試算されています(みずほリサーチ&テクノロジーズ)。

6万円の支出増はあまりにも痛い。削るにも限度があります。負担増を軽減するためには、当面、消費税の税率を軽減するのがもっともスムーズではないかと思うのですが。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

“期待はずれでした” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。