一日物云わず蝶の影さす

網代の習字教室は中止にならずに続いていて、ありがたいです。書いている時におしゃべりすることはありませんし、広めの会場に生徒は5人ですから。

尾崎放哉はいいですね。句には淋しさが漂っているのですが、それを受け入れ、楽しんでいるような気がします。

一日物云わず蝶の影さす

こういう日があってもいいんじゃないかなと。

帰りに網代のご門徒さん宅にうかがいました。連休明けに京都の大谷本廟に日帰りで納骨に行く予定です。

ご主人は亡くなる前に、「遺骨は親鸞さんのところに」と遺言されていました。コロナでなかなかタイミングが見つからなかったのですが、ほぼどこにも寄らない、車での往復の旅になりそうです。

車の運転は、お寺の役員でもあるご門徒さんが引き受けてくださいました。実は私も初めてのお参りとなります。こういう機会を作っていただいた亡きご門徒さん、そしてご家族に感謝。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。