第11回「心のコンサート」を開きました

汗ばむような陽気のもと、第11回目となる「西法寺 心のコンサート」が開かれました。

本堂の引き戸をあけ、隣との間隔をとって、本堂、余間、そして縁まで椅子を並べ、約40人が、音楽を心から楽しみました(マスク着用・掛け声なしではありますが)

デュークエイセスのお馴染みのナンバーから、大須賀さんのオリジナルソング、そして「アメイジンググレイス」、「愛の讃歌」、童謡の「ふるさと」と幅広いレパートリー。鳥取の養源寺さんが作詞された「あるがままに」。新しい仏教ソングの誕生かも知れません。住職のリクエストにこたえ、今年も「しんらんさま」(作曲古関裕而さん)歌ってくださったのも嬉しかったです。

「音楽で感動を届けたい」という大須賀さんの心が、私にも届きました。

初めて参加された方も少なくありませんでした。

坊守の話では、涙を流して聞いておられた方もいらっしゃったそうです。

「気持ちのいい時間でした」と笑顔で帰っていかれる方たち。

開催できてよかった。ホッとしました。

「心のコンサート」はチャリティーコンサートです。4万円近い義援金を預かりました。ありがとうございました。

終了後は、わたくしCDの販売員に。
漁師さんが、「聞いてみるけえ」と大須賀さんのCDを買って帰られました。

大須賀ひできさん、玉木孝治さん、拓人さん、楽しい時間をありがとうございました!

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中