芸術の秋です

坊守です。

定時で仕事をきりあげられないと、帰り道はまっくらくら。

「秋の夜長」という季節になりました。秋の夜長の楽しみ方、色々あると思います。
私の場合、部屋の灯を絞って寝そべり、切ない歌詞の曲をかけるのが秋の夜の好きな過ごし方でしたが、猫2匹を養うこのごろは、そんなこともしなくなりました。

ただ「猫」のご縁で、水彩画をひとつ、我が家に迎えることにしました。
京都時代からの古い友人、フルイさん(シャレではありません)の作品。


猫飼いのセンパイとして、何かとアドバイスもくれる存在ですが、美大生の頃から、タダモノではありませんでした。
いまは認知症の方たちむけの「臨床美術」を研究・実践していたりする、素敵な絵描きさんです。
コロナが収まったら、ワークショップでも開いてほしいのですけれど。

とりあえず、ことしの秋は「芸術の秋をしています」と言っておきましょう。
(タイトル:夜に覚める/フルイミエコ作)

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

“芸術の秋です” への 2 件のフィードバック

  1. 水彩画はしんどくなくていいですね。この色合いの軟らかさが好き...ナモちゃんのポ-ズ、モデルになれそうです。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中