昭和30年代の子どもたち

今日明日はお通夜・葬儀です。

施主さんは私とちょうど一回り年齢が違います。

「昭和30年代は貧乏でしたよ。私なんかおやつを親からもらったことがなかった。近所の柿やグミを食べたりして。オリンピックがあって昭和40年代からかわりましたね」。

そんな昔話を聞きました。私は昭和44年生まれです。近所や道端の野苺やグミ、柿なんかをたしかに食べたことはありますが、おやつがなかったということはありませんでした。前のオリンピックは日本が経済的に発展し、暮らしが大きく変わる転換点だったのでしょう。

今回のオリンピック。どのように語られるのでしょうか。

貧しかった時代から懸命に働いて、ご往生された故人を偲びつつ、儀式をつとめさせていただきます。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中