またまた放哉を書く

きょうは午前中、網代道場の草刈り、そして午後は習字教室で放哉を書きました。

一つ二つ蛍見てたづぬる家

爪きつたゆびが十本ある

あすは元旦が来る仏とわたくし

お粥煮えてくる音と鍋ぶた

ひらがなは難しい。小学生の習字の時間ではひらがながどの漢字に由来しているのか勉強するのでしょうか。私は習字教室でひらがなを書くようになってから、意識するようになりました。

たとえば、「え」は衣からきています。僧侶の着る服を法衣(ほうえ)といいます。「え」と読むのは呉音、「い」は漢音。呉音は仏教用語をはじめ古い言葉に使われます。

「え」は仏教とかかわりがあったのですね。

こういうことを「え」っというのかも?

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中