葬儀をおつとめして

昨日、お通夜、そして本日は葬儀でした。お通夜はご自宅でした。ご近所の方も参ってこられ、別れを惜しんでおられました。

両方とも葬儀会館でとなるとお参りしたくてもできない方がいらっしゃいます。お勤めの前にご近所の方が、「お世話してもらって、ありがとうございました」と、伝えることができなかったことばをもってこられる姿にふれることができます。悲しいなかにも人と人とのつながりを感じさせられます。自分はどう生きていくのか考えさせられます。お通夜をご自宅で勤めていただくと、ご家族の思いにふれることもできます。

本日、葬儀を勤め、その後、ご遺骨を前にお寺でお勤めする還骨法要です。これまで、お寺をこれまで護持していただいたことに感謝申し上げるとともに、これからいよいよ仏さんとして導いてくださいと頭を下げる気持ちでお勤めしました。

自由で、のびのびと生きた、楽しい方でした。昨年、お孫さんと一緒にお寺にお参りいただいたことを思い出していました。そうそう。きょうお孫さんはあなたを思って小さな手をあわせていましたよ。

合掌

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中