『いつでも歎異抄』

先月、何人かの方から「歎異抄を読みたいのだけれども、おすすめの本はありますか?」と尋ねられました。滅多にあることではないので、私も『歎異抄』を読み返したり、解説した本を何冊か手に取り、」こんな本がありますよ」おすすめをしてきました。

歎異抄は、親鸞聖人の弟子であった唯円が書き留めた語録です。

「善人なほもって往生をとぐ。いはんや悪人をや」。聞いたことがある人も多いことでしょう。

本願寺からも幾たびか解説書が出版されていますが、このほど、『いつでも歎異抄』というタイトルの本が出版されました。私も早速読みました。

読む、感じる、思い浮かべるというコンセプトで、展開していきます。B5サイズ。字も大きく、読みやすいのではないでしょうか。私も、所々、本文を音読しました。

「『歎異抄』を読みたい」という方がいらっしゃればすすめようと思います。1冊770円で手ごろでもありますし。本堂にも何冊か置きますので、お参りの方、ぜひ手にとってみてください。

若い人向けということなので、中学生の姪っ子にプレゼントしてみましょううか。でも、読んでくれないかなー。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中