きょうも放哉を書く

午後は網代の習字教室でした。いつものように課題は放哉の句です。

「土くれのやうに雀居り青草もなし」

「風の中走りて手の中のあつい銭」

いずれも京城(現在のソウル市)、旧満州の長春にいた頃に詠んだ句。放哉が見たり体験した情景なのでしょう。せっかく得た職も禁酒の誓いが守れず、約1年で退社したそうです。

「雨の中泥手を洗ふ」

生涯最後の時期、小豆島時代に詠んだ句の一つです。

私もそうなのですが、「な」のまくりに苦戦しています。言葉で説明するのは難しいのですが、「な」の四画目は、筆を下におろし、ついで左へ、そして右45度に一度もちあげて右に抜くという動きをします。理屈はわかってはいるのですが…。

次回はゴールデンウィークあけとちょっと間があります。先生から宿題用のお手本もいただいたので、連休中も筆を持つ時間をつくるとしましょう。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中