スパイダーマン?

雪の重みで屋根瓦がズレていることへの対応で、瓦職人さんに見ていただきました。

するすると登っていかれます。

下から見ていると怖い!

雪の重みで、瓦を支えている銅線が部分的にのびてしまったようです。ただ銅線は切れていないので、今のところ瓦が剥がれ落ちる心配はないとのことでした。

たしかな職人さんがいらっしゃって、お寺をはじめ文化財や歴史的建造物は守られているのですねー。

本堂は一度大改修をしていますが、この地に建って150年余。それでも職人さんにいわせると、「若い建物です」。

時間の尺度が違うのかもしれません。

深く深く感謝します。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中