月曜日はおっくう

サラリーマンの方々は、月曜日はなんとなくやる気が起きない、休み明けで気持ちがのらないということはないでしょうか。お寺は自営業ですから曜日はあまり関係ありませんが、土日がいちばん忙しいので、月曜はなんとはなくおっくうなのです。明日は彼岸法要だというのに、この有様。

そんなことを思いながら今、ブログを書いています。

みなさん、「おっくう」と打って見ると、億劫と変換されますか?

実はこのおっくうという言葉、もともとは仏教語の億劫(おくこう)から読みと意味が転じた言葉です。

仏教の億劫とは、果てしもなく長い時間のことです。劫とは、途方もない長さの時間、それに大きな単位である億を加えて億劫となります。世界のはじめから終わりまでという意味でしょう。

そんなところから、時間のかかることは「おっくう」だなったのでしょうね。さらに、様々な場面で使われるようになったのでしょう。若い人は「おっくう」と言わず、「めんどくさい」と言うのでしょうが。

そのように考えると、「おっくうだ」とは言えないようなことを、「おっくう」だと思っているだけなのかもしれません。

さて、仕事にかかりますか。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中