堂内に響く『阿弥陀経』

昨日、因幡組に所属するお寺の本堂でお通夜がありました。お寺に関係される方のお通夜にお参りするのはまだ2回目です。そうそうあることではありません。

コロナ禍のなか、本堂に収容できる人数の半分ほどのお参りに制限されていました。それでも僧侶は十人近くはいたのではないでしょうか。僧侶とご門徒のみなさんが声をそろえて『阿弥陀経』を読むと堂内に響きわたりました。私もつられるように大きな声を出していました。

ご往生された方と、もういっしょに読経することはできないけれど、その懐かしい声は、このお堂の中にきっと残っていくに違いないと思いました。

合掌

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中