見えないところに注意を

今日も庫裏の裏の雪をかきました。
朝から好天です。冬とは思えない陽気です。

小一時間ほど作業をして、裏までいくことのできる道ができました。

屋根の雪が水となり、割れ目を作っています
割れ目をたよりに雪をかきました


数日続いた雪との格闘も、ひとまず終了です。

目に見えるところだけ雪かきをして満足していただけですが、今回、見えないところではどんどん溜まってしまう事実に気がつかされました。自分の視野に入らないところというのは、本当に気にならないものです。そして、いざ、目に入ってくると唖然とさせられるのです。

軒下が雪で埋まってしまうような状況をそのままにして、さらに積雪があると、ガラスなどが割れてしまう危険性もあります。裏山の竹や小さな木が雪によってなぎ倒されています。雪の力はすごいものです。

当面、雪予報はありませんが、次の積雪の際には、見えないところにも注目して、あとで慌てないようにしたいと思います。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中