如衆水入海一味

今日で10月も終わりです。

日中は四十九日の法要、そして納骨がありました。先月、葬儀が3件あり、すべて今月に四十九日・納骨となりました。

私は田後・網代のお墓から眺める海が好きなのです。きょう海を眺めながら、『正信偈』というお聖教にある、「如衆水入海一味」(にょしゅうしにゅうかいいちみ)という偈文を思い浮かべました。「どの川の水も海に入ると一つの味になるように、等しく救われる」という意味です。

親鸞聖人も、海を思いながら偈文を練り上げていかれたのでしょう。

ここから眺める風景が好きなのは、景色がいいということに加え、大きないのちのながれのなかに、みなかえっていかれたのではないだろうか、という気持ちになれるからなのです。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中