米寿のお祝い

あすは網代のご門徒Aさんの米寿の誕生日です。この前の日曜、お祝いのプレゼントをもって坊守とうかがいました。

「あっとろしい」とAさん。鳥取弁で、びっくりした、恐れ多い、といった意味です。

坊守手作りです

私はAさんに誘われて習字教室にも通うようになりました。よき先輩であるとともに、年の離れた親友です。

俳句をはじめ多彩な趣味をもち、料理やお団子づくりが上手。お寺にも長年に渡ってお参りいただいています。

昨年の報恩講の直後にAさんは私に電話をくれました。「姑から『家事の手を休めていいからお寺に参りんさい』といわれたことがあった。そのことをきょう、久しぶりに思い出した」と話されました。

「前に生まれん者は後を導き、後に生まれん者は前を訪(とぶら)え」

中国の僧・道綽が『安楽集』に記した言葉です。Aさんと姑さんとの関係はこの言葉どおりだったのでしょう。そしてAさんと私・坊守もこういう関係ではないのかなと、ありがたく思っています。

1日早いですが、米寿、まことにおめでとうございます。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

“米寿のお祝い” への 1 件のフィードバック

  1. Aさん宅まで歩いたほんの数分の間に「今日はどうされましたか」「あらこんにちは!」など、いろんな方から声がかかり、毎週この地域を徘徊しているだけはあるな、と思いました。
    そしてそれも、屈託ないAさんが、ちょっと引っ込み思案な住職(本当は)に、あたえてくれた場でもあります。わたしもAさんが大好きです。いまは亡き祖母にも雰囲気が似ています。
    プレゼントしたカゴは住職からの発注で初挑戦しました。住職のカゴとは色違いのお揃いです。
    (*´∀`*)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中