強風吹き荒ぶ

堤防に高波が押し寄せているのがわかるでしょうか。晴れですが強い風が吹いています。ここにくると自然の素晴らしさときびしさの両面に出会います。

さきほど網代での納骨のお勤めが終わりました。納骨は一つの区切りです。

「悲しいばっかりだといけないのですが」とご遺族の方がおっしゃいました。

悲しいというのは、忘れがたいつながりがあるから。人間としてのあかしではないのかなと思います。

そして、この墓地というところは、深い悲しみを抱えつつも、懸命に生きている人たちが、いのちについて思いをはせる場であるのではないでしょうか。

「その悲しみが生きる力になるといいですね」とこころのなかで呟いて墓地を後にしました。

南無阿弥陀仏

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中