醍醐味

坊守が先日我が家に来た姪っ子たちのためにカルピスを買ってきたのですが、カルピスと仏教はちょっとした関係があります。有名な話なのでご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

「涅槃経」というお経には、乳製品の最上級を醍醐味といい、「涅槃経」もそれと同じように最上の教えである、とあります。

醍醐味はサンスクリット語で、sarpir-manda サルピルマンダ。そしてその一つ手前が熟酥味(じゅくそみ)=サルピスです。

カルピスは醍醐味、熟酥味からヒントを得て命名されています。

随分前になりますが、カルピスウォーターがはじめて発売された時、「これがおいしい比率なのか!」と妙に納得したものです(分かる人にしか分からない話ですが)。

人それぞれ醍醐味の比率は違うかもしれませんね。それにしても、今の時代の子供たちも、お中元やお歳暮なんかでカルピスが届くとうれしいんでしょうか。私はカルピスオレンジが好きだったということを書いていて思い出しました。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

“醍醐味” への 1 件のフィードバック

  1. 残ったカルピスを飲んだら、あまりに濃すぎて水で薄めることになりました。あまりにながらくカルピス離れしていたので、割り方のコツを忘れてしまいました。

    ちなみに私は、牛乳で割る牛乳カルピスが好きです

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中