放哉を書いてみる

今日は習字教室です。今週から尾崎放哉の自由律俳句を書いています。放哉は地元鳥取出身です。句集から好きなものを選び、先生の手本を真似てかきましたが、う〜ん。

傘さしかけて心よりそへる

書いた作品は、第13回全国公募書道展に出品されます。先生によると、「出品すればみんな入選ですから」とのこと。これは冗談だと思いますが、面白そうなので、出品したいと思います。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

“放哉を書いてみる” への 1 件のフィードバック

  1. 国語の時間に印象に残った自由律俳句といえば、
    【咳をしても一人】
    ですが、それが放哉だったのか、と再認識。

    ほかの作品に…

    足のうら洗えば白くなる
    いれものがない両手でうける
    考えごとをしている田螺が歩いている
    こんなよい月を一人で見て寝る
    一人の道が暮れて来た

    「ひとり」を味わい、「ひとり」をかなしんだ人なのでしょうか?

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中