自分のしたこと、しなかったったこと

「他人の過失をみるなかれ。他人のしたことと、しなかったことを見るな。ただ、自分のしたことと、しなかったことだけを見よ」(岩波文庫『ブッダ 真理のことば 感興のことば』中村元訳・17ページ)

このことばは、よく人間関係において使われます。相手のダメなところを指摘すると口論になるから、自分のことに専念すれば口論にならないといった。たしかにそう思います。

ですが、いま新型コロナウイルスに向き合う日々のなかで、ブッダのことばは、抜き差しならない現実をあぶりだしていると思います。あまりいい意味ではなく、欠点・課題として。

外出自粛要請のなか、外に出かけてしまった人たちをわさわわざテレビカメラを持って報じるワイドショーは、あきらかに他人の過失を罰しています。

PCR検査を増やすという約束を守れなかった加藤厚労大臣は、「2万件やると申し上げているわけではありません」と、自らのしなかったことを見ようともしません。

安倍首相は、緊急事態宣言を1月のばすようですが、さらなる痛みを強いられる人びとが増えるでしょう。失業者は77万人生まれると予想されています。

政府は、したこと、しなかったことをどう検証しているのでしょうか? 思うに、要請に従うものにも十分な補償はしない、従わないものには社会的制裁ではありませんか。

宣言が延長される主たる要因はもちろんコロナウイルスの感染拡大でしょう。ですが、自粛を守れない国民にも責任があるなどと転嫁されるのはたまりません。

したこと、しなかったことを謙虚に見つめて、政治の責任を果たしていただきたい。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中