カミュの『ペスト』を読み始める

話題となっているカミュの『ペスト』、Kindle版で入手し、第一章のみですが読みました。電子書籍はあまり読んだことがありませんが第一章終わりで1094/5768 ですから、6分の1を読んだことになるようです。

第一章の最後はこんな言葉で結ばれます。

「ペストチクタルコトヲセンゲンシ シヲヘイサセヨ」

ペストによる死亡者が30人台に達した日、市長はこう電文し、市を封鎖するのです。

脱出不可能となった市で何が起こるのか、人びとはこの危機にどう向き合ったのか。

ソ連型のコミュニズムとも、キリスト教的な神の救いの道でもない、第三の道を求めたカミュの大作を、いまさらながらですが読み進めたいと思います。

読み終えたら感想をまた記します。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

“カミュの『ペスト』を読み始める” への 5 件のフィードバック

  1. 札幌に住んでおります、坊守の元の職場の友人です。いつも楽しみに読ませていただいています。個人的にはナモの大ファンで、そこからはまりました(笑)

    思想家の内田樹さんが、自身のブログに「コロナ後の世界」というタイトルでご自分が受けた雑誌のインタビューを掲載していて、その最後のほうで「ペスト」についても少しだけ触れています。今の私たちに求められることがわかりやすく述べられていて、感銘を受けました。
    また、日本の今の状況の原因がどこにあるのか、今後どんなことが起こるのか、私たちのすべきことはなにか、鋭く語られていますので、ご紹介いたします。
    内田樹の研修室ブログで検索できます。長くなってごめんなさい。

    いいね

      1. そうでしたか。
        私は2週間ほど前に文庫本を購入していましたが、今から読みはじめるところです。

        いいね

  2. 北の大地から、書き込みありがとうございます。「『変身』なら読んだんやけどなあ『ペスト』はまだやなぁ」とか、カフカとカミュをまぜこぜにしてるレベルの坊守でした。
    内田樹さんは、釈徹宗さんとの共著があるので、発言に注目していましたが「コロナ後の世界」のインタビューも鋭かった。『ペスト』は、京大の藤原先生がWEB上に出されていた論考にも紹介されていました。わたしも読みたいと思います。

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中