一世帯あたりマスク2枚?!

坊守です。
新年度を迎えましたが、世界中をめぐっている新型コロナウイルス感染症の問題がアタマから離れません。
国連は、第二次世界大戦以来の事態だと言い切り、日本の医師会は医療危機の非常事態を発信する、たいへんな局面です。

なのに、昨夜、
ちょっと目覚めてスマホに目をやったところ、
日本政府が1世帯あたり2枚の布マスクを郵送するとのニュースが話題になっているではありませんか。悪夢でもエイプリルフールでもありませんでした。ここ数年で最大の情けなさを感じました。

人類は未体験の脅威とのたたかいをしているのですから、できることはなんでもやるべきだと思います。だが、これに我々があずけた税金を何十億も使いますのんか?!と。他の国にできることが、なぜウチの国ではできないんだろう。

実は数日前から、各地で医療や介護の事業所にいる知人、友人から「職場に国から布マスクが送られてきた」ときいていました。50人以上のスタッフがいる介護施設に5枚、人員がもっと少ない施設に10枚…どういうことだろう? 政府、大丈夫か?となっていました。

当該のウイルスを世界から叩き出すことはできなくても、犠牲を大きくするか小さくするかは、社会次第であることは、これまでの疫病や自然災害の経験からも明らかです。

人災みたいな政治は、ホンマ困ります。

この国の構成員の1人として、何ができるか「アホくさい」と投げ出さず、考え続けたいと思います。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中