おこうなぎ 御講凪

「俳句の本に住職のことを詠んだ句が掲載されただが」と電話をいただいたので、朝、網代のMさんのお宅にうかがいました。

俳句のことはさっぱりわかりませんが、ちょっとうれしいような。

『花鳥子』という句集もはじめてみました。高浜虚子の曽孫さんが花鳥句会を主催されていて、全国の句会に参加されている方の作品が掲載されるそうです。

Mさんの三句目にある御講凪(おこうなぎ)。親鸞聖人のご命日(陰暦11月28日)頃の日和のことだそうです。御講とは、報恩講のこと。凪がついているのは、その頃は穏やかな晴天がつづくことから来ているそうです。

報恩講は季節の言葉にもなっていたのですね。いいことを教えていただきました。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中