潜在保育士、出動しました

坊守です
引き続き、コロナ問題で職場の方はバタバタです。

行政も対策を懸命にしてるんだろうと思いつつ、医療や介護現場からは当事者として必要な発信をせねばならず、緊急の要望をしました。
通常でも無保険状態であったり経済的困難という理由で「医療機関に行けない」という方は居ます。そういう「受診抑制」が今のような緊急時にも生じてしまうと、感染拡大にもつながりかねませんから、医療にアクセスしやすい措置を、ということと、休むに休めない業種の労働者や事業所の支援が必要!
という二本柱でまとめました。

そして事業所は、「はよう対処せよ」と、机をたたいてるだけではいきませんから、今日からスタッフのための臨時託児所を開きました。週末に決めて今朝からですから、会議室に急ごしらえしたものです。
さらに、保育スタッフも急ごしらえ。保育士資格(ペーパー保育士です)のある私にも「午後から入れるか?!」と、出動要請が来ました。
保育所バイトや子ども会のお姉さんをしていた20年前の感覚をたぐりながらの半日…。

迎えにきた保護者から、朝は知らない子たちと過ごす不安でベソをかいていた子が多かったことも分かりましたが「明日も来たい!」「学校より楽しい!」と叫んで帰る子もいて、ホッ。
7時前に最後の子を見送って(やっぱりドクターでした)、これを春休みまで続けるのは容易ではないぞ、と、同じく保育士資格を持つ同僚と話しました。


手のあいた職員がみる、といっても5時以降は時間外になりますし、かといって管理職の人数も限られていて、こんごも夕方からの時間帯に出動することがありそうだな、と。
そんなこんなの努力、いまのところ、とりあえずすべてが事業所の自腹です。後追いでもいいから、公的援助、要ると思うなぁ。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中