今を生きるための仏教100話

NHK-Eテレ「100分de名著」の『法華経』の回で指南役も務めた植木雅俊さんの『今を生きるための仏教100話』を読んでいます。

植木さんは、「思春期の悩みで、自信喪失や自己嫌悪に苛まれた」時に、中村元博士による原始仏典の翻訳を読み、「鬱状態を乗り越えることができ、仏教に興味を持った」といいます。仏教は「人間を信頼し温かい眼差しで見ている」。植木さんはそう書いていますが、私も3年前に初めて仏教を学んでみて、そう感じることがありました。

植木さんは法華経研究が専門ですから、『法華経』の大事なところのエッセンスを知ることができ、勉強になります。

また、

「釈尊のジェンダー平等」

「科学と宗教」

など、現代的なテーマも触れられています。

今を生きるために仏教の精神を大いに活用してほしい、活用したいと思わせられる一冊です。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

“今を生きるための仏教100話” への 2 件のフィードバック

  1. 100分de名著の法華経、アンコール版のテキストが出てたので買ってみました。絶対平等思想は素晴らしいですね。薬草の喩えとか提婆達多品とかけっこうしびれます。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中