お寺は時間がゆっくり流れる

きょうはお寺の会議でした。

会議は1時間半ほどで終わり、坊守お手製のカレーを食べつつ1時間ほど交流しました。

5年間、お母さんの介護を体験した方からはこんな話がありました。「食事の際、お母さんがどうしても食べてくれず、スプーンを投げてしまったことがある。その夜、なんであんなことをしてしまったのかと、涙が出て仕方がなかった。その体験から『待とう』と思えるようになった。する側、される側が同体になれたと思います」「母が亡くなる前日の夜、私の顔を何度も撫でてくれた。その翌日、母の顔を拭こうとすると、急に呼吸が乱れて腕の中で亡くなったんです」

知り合いの方から介護の悩みを聞くこともあるそうですが、「『こうしてみたら』と言えるようになったのも、母のおかげです」。

時間をとって交流すると自分史というのか、その人ならではの体験談が聞け、学ばされます。

お寺の時間は世間よりもゆっくり流れています。こうした機会をことしは増やしていきたいものです。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中