愛別離苦

葬儀が終わり、ご家族のみなさんが帰っていかれました。

お釈迦様は臨終にあたって、25年もの間、共に過ごしたアナン尊者が涙にくれる姿にふれ、「嘆くな、悲しむな。すべて愛するものから離れなければならないと、私はいつも説いてきたではないか」と諭したという話が伝えられています。それでもアナンは深い悲しみに沈んでいくのですが、仲間の励ましも受け、後世の私たちに、お釈迦様から聞いた教えを伝えてくださったのです。

お釈迦様とお弟子さんたちのエピソードは数々ありますが、この話は大変胸を打ちます。

悲しみを抱えつつも、亡き人に感謝し、いただいたものを糧にする。そのようにして人は生きていくのだなぁ、と本日も感じさせられるのでした。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中