カマキリと雪の関係?

夕飯の食材を買いに道の駅にいくと、「西法寺さん?」とまたしても声をかけられました。見覚えのある方ですが名前が出てきません。「〇〇です」と名乗られたので、「先日はありがとうございました」と会話が成り立ちました。
今月の初めに法事でお参りされた御門徒さんでした。


町内でも雪深いところにお住まいの方なので、「今年はどうですかねぇ」と冬の話題に。
その方は、「カマキリが卵を高いところに生んでいないから、雪はそんなに降らないかも。迷信かもしれませんが」とおっしゃいます。
えっ?!と思ったので調べてみると、たしかにそんな学説を唱えた研究者の方もいたそうですが、事実ではないようです。


でも、自然と触れ合って生きてきた方のなかには見たり、体験したりする中でそうなのかもと思うことがあるのかもしれないなぁと。


そういえばカメムシが多い年は雪が多いという説があります。去年、大発生しましたが雪はほとんど降らなかったので、これも俗説でしょうね。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中