ローマ教皇のメッセージ

長崎でのスピーチを読みました。

核兵器のない世界が可能であり必要であるという確信をもって、政治をつかさどる指導者の皆さんにお願いします。核兵器は、今日の国際的また国家の、安全保障への脅威からわたしたちを守ってくれるものではない、そう心に刻んでください。人道的および環境の観点から、核兵器の使用がもたらす壊滅的な破壊を考えなくてはなりません。核の理論によって促される、恐れ、不信、敵意の増幅を止めなければなりません。

人の心にあるもっとも深い望みの一つは、平和と安定への望みです。核兵器や大量破壊兵器を所有することは、この望みへの最良のこたえではありません。

ローマ教皇の核廃絶への強い決意を感じます。

NHKは、生中継でローマ教皇の広島市平和公園への訪問を伝えています。浄土真宗本願寺派の専如門主の姿もみえました。日本宗教界の代表も招かれているようです。

被爆者の方がたを労るように見つめ、声をかけ、ことばをかわし、手を握り、肩を抱く姿に胸が熱くなります。

核兵器廃絶をめざすとりくみ、そして日本政府が核兵器禁止条約を批准するよう働きかけることなど、日本の宗教界が力を合わせることが強く期待されます。

私もがんばります。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中