わけもんをいただく

解禁となったズワイガニです。これはメスのカニで、山陰では親ガニと呼びます。味噌汁にするとおいしいのです。オスは松葉ガニと呼びます。

網代のご門徒さんのところに用事があってうかがうと、「わけもんですが、どうぞ」とのことでありがたく頂戴してきました。

「なんでわけもんっていうかは知らんだが。昔からそういうだが」とのこと。

分け合う、お裾分け、分け前?

集落を歩くとあちこちのお宅からカニのにおいがします。わけもんをいただいたご家庭が多いのでしょう。ニオイもいいのですが、そういう付き合いが生きていることがなによりいいなあと思いつつ歩きました。

カニは我々に食べられるために生きているわけではありません。それだけに粗末にせず、感謝することが大切であると思います。

多くのいのちとみなさまのおかげにより、このごちそうを恵まれました。深くご恩をよろこびありがたくいただきます。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中