京都で研修中です

坊守です。

京都の中央仏教学院に来ました。週明けに大阪出張の予定だったところ「学びの友」(通信教育生向けのテキスト)に研修のお知らせが掲載され、「これは行けってコトやな」とめぐり合わせに身を委ねたわけです。

住職の入学式で来て以来、3年ぶりの学舎です。

90分の講義を3コマと法話、というのが1年生のメニューです。知識でなく生き方を考える3年にしたいと思います。

「仏教」の講義は90分で、釈尊の誕生から35歳で苦行の森を出るところまでくらいしか、たどり着かなかったけれど、シメの3分の話で学習開始のはな向けをいただいた、と思えました。

どんなことかというと、

これから3年間の学びで「知識がついたなあ」ではなく「人生変わったなぁ」と、なっていただきたい。

【智慧】は「如実智」「無分別智」とも言い、自分のフィルターを通して物事をみる分別を変えることです。

たとえばいま、日本政府は韓国を悪いようにいいますが、韓国から見れば日本は悪い。

本当にだいじなことは、これを突破して、世界的な視点を持つことではないでしょうか。

私たちは死ぬまで愚かさを抱えていきますが、これを仏教の真理に引っ張り上げられながら、本当の豊かさや幸せとはを考え、努力しながら生きていくことが大事です。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

“京都で研修中です” への 2 件のフィードバック

  1. 勉強が終わったら、京都駅で旧知の方々が待ってくれておりました。やっぱり私が坊守、という事実を笑っておられましたが(私の来し方は変えられませんから、仕方ありません)、再会が嬉しかったです。励ましていただきました。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中