お寺業界のカレンダー

来年のカレンダーの見本をあちこちで見かけるようになりました。

お寺業界にももちろんカレンダーはあります。

浄土真宗は、いわゆる六曜を迷信として退けておりますので、カレンダーもすっきりしています。仏滅はもともと物滅と表記されておりました。六曜と仏教とはなんの関係もないのが実際のところです。

前置きはこのくらいにして、資料として山陰妙好人カレンダーが届きました。

念仏に生きる人、信心のあつい人のことを浄土真宗では、妙好人といいます。山陰地方の4人の方のことばをカレンダーにしたものですが、味わい深いことばがつづられています。

なもあみだぶつの さとにかえるぞ うれしや

と浅原才市さん(1850-1932)は詠まれています。

いつも仏の慈悲の光の中に私はいきているなあ。帰って行くふるさとがあるのだなあ。

そんな味わいを詠まれたのかなと想像します。

発行元は山陰教区教務所。一部100円です。長形3号封筒に入る幅で、コンパクトです。西法寺ではお世話になっている総代さん・世話方さんにさしあげようかなと考えているところです。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

“お寺業界のカレンダー” への 2 件のフィードバック

    1. 源左さんのことばいいですよね。カレンダーでもいくつか紹介されています。「如来さんからの もらいもので ござんすけえなあ」(10月)など、どれも味わいがありますよ。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中