臨終勤行をお勤めして

午前中、臨終勤行をお勤めしました。一般的には枕経とよばれます。

先月、一度だけでしたがお見舞いに伺い、大変喜んでいただいたことを思い出します。もう一度伺わなければと思っていた矢先のことでした。

ご遺族に伺ったところご自宅の仏間にはお経のテープがあったそうです。お元気な頃にはよくお寺にもお参りされていた方でした。

お見舞いの際、「もういけません」とおっしゃっていましたが、淡々としたご様子で、ときには笑顔も見せてくださいました。痛い、しんどいと口にされることもほとんどなかったそうです。

いのちがつきたとき、ただちに仏とならせていただいて、縁ある人々を助ける存在となり、ついでみんなを救ってゆく。

浄土真宗の教えを何度も聞かれていたことでしょう。

お通夜、葬儀と続きます。自分に出来る精一杯のお勤めをさせていただきます。

合掌

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中