彼岸会を勤めました

暦の上では23日が彼岸の中日ですが、西法寺では本日、彼岸の法要を行いました。14人の方がお参りでした。旅行中の方も少しの時間、お参りいただきました。新しくお参りされるようになった方もいらっしゃって、ありがたいことでした。

古来、春秋に彼岸の法要を勤め、はるか西の方、夕日の沈むところに浄土を望み、いのちの帰って行くところと思いをよせてきたのです。

すでに先立って逝かれた縁のあった人々のことを思いつつ、参詣されたみなさんといっしょにお経を読みました。

法話されたのは倉吉の妙寂寺の住職さん。16歳で僧侶となり25年が経ったそうです。私は今日で僧侶となって丸2年です。むさぼり、いかり、おろかさから離れられない私を包み込む阿弥陀仏のお慈悲の心を、ご自身の経験にもふれながら熱心にお話しされました。僧侶は資格ではなく、生き方ですとの言葉。ほんとうにその通りだなと思います。

https://new.myojakuji.com/index.html

↑妙寂寺ホームページ

お参りの方の中に来年、米寿88歳を迎えられる方がいらっしゃいました。誕生会を開くことをお約束したので、どうかお元気でお過ごしください!

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

“彼岸会を勤めました” への 2 件のフィードバック

  1. 本日は尊いご縁を頂戴し、ありがとうございました。浅学非才の私ではありますが、精一杯お取り次ぎさせて頂きました。尊いお育てに感謝申し上げます。同じ鳥取県でお寺を預かる身、これからもどうぞお育て頂きますようお願い申し上げます。寺族の皆様、門信徒の皆様にもよろしくお伝え下さいませ。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中