カマキリに抗議をうける

残りのひまわりの種を収穫して家に入ると左足に違和感が。目をやると、

巨大なカマキリ

草をこの数日で刈り取ったので、カマキリの住処を奪ったのかもしれません。

カマキリ先生(香川照之さん)の「昆虫やばいぜ」によると昆虫たちは年々減っているのだとか。

https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=19621

カマキリ先生は、地球は生きているということを伝えたい、と言われています。

都会に住んでいるときは忘れていました。いまウチの近くでは昼間、オニヤンマが飛び、アカトンボが舞い、蜂が蜜を集め、ヒグラシやツクツクボウシが鳴き、夜はコオロギの大合唱です。虫たちに囲まれて生活しているといっても過言ではありません。

カマキリの抗議を受け、ごめんごめんとあやまりつつ庭に放しました。

投稿者: 西法寺

西法寺のHPを管理している釈大朗です。よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中